職人の作品紹介

五月人形の敷物用に作成しました。やはり、和には畳です。
縁につかう帯は、なんと、「パンダ柄」なんてあるほど、多くの種類がございます。

どちらもいい収まり具合です。
ツボも、一段と良いものに見えてしまうのは、気のせいではありません。

鏡餅さんにも、くつろいでもらえているでしょうか。
六各鐘台という部類になります。また、これは通常畳の厚さになります。

やはり仏具には、しっくりきます。

四天付拝敷 有職畳という呼び方をします。
 昔から神社や寺院などで伝統的な調度具として使われている畳の事です。お偉いお坊様や、皇族の方々がご使用になられる物は、有職畳と言われ、格の高い紋縁(ふちの模様)での作成となります。非常に高級な物です。 制作方法も昔ながらの伝統的な手順があり、縁の柄(紋)の大きさに合わせて、畳の全体の大きさが決められる、美と完成度を追求した伝統的な畳です。非常に薄く作るので、しわやツッパリが生じやすく、職人の技術の良否が如実に表れます。