畳用語のご説明

 


【新畳(しんたたみ)】
 新しい畳を新調することをいいます。

【表替え】
 畳の表面のゴザ部分だけを新品に交換します。

【裏返し】
 畳の表面のゴザ部分をひっくり返して、再利用してリメイクします。

【半 畳】
 1畳の半分の大きさの畳です。

【京 間】
 畳のサイズの名称の1つ
 畳は地域や敷かれる場所により、
 5つのサイズに別れています。
 京間を含め他に以下のサイズ名称があります
 「昔 間」(197cm×98.5cm)
  南河内地方旧家
 「京 間」(191cm×95.5cm)
  京都、関西地方、中国、九州地方
 「中京間」(182cm×91cm)
  愛知、岐阜、三重、福島、山形、
  岩手、北陸地方の一部、奄美大島
 「江戸間」(176cm×88cm)
  関東、東北、北海道、東日本の大部分
  全国的な標準規格
 「団地間」(170cm×85cm)
  公団住宅、アパート、マンション
 いづれも長辺(丈)と短辺(幅)は、おおよそ2:1です。
 新調するときには、1mmの隙間も無いように組み上げるため、
 採寸からの施工が重要となってまいります。

【四天付拝敷】
 有職畳とは古くから朝廷や武家などの儀式、作法などの定法に基づいて作られた畳です。現在では主に寺院、仏閣で伝統的調達品として使われています。作り方も定法があり、それらに基づいて作成しなければなりません。茵(しとね)、八重畳(やえだたみ)、厚畳(あつじょう)、龍鬢(りゅうびん)、拝敷(はいしき)、鐘台などがあります。